負担額の把握|健康住宅に住んで快適な生活を送る|評判高い物件

健康住宅に住んで快適な生活を送る|評判高い物件

マンション

負担額の把握

マンション

入居者負担額はどのように決定されるのか

特優賃は特定優良賃貸住宅のことで、中堅所得者の方向けに良質な住宅を提供するための制度です。契約家賃から入居者負担額の差額が国や自治体から補助されるので、軽い負担で良質な住宅を借りることができます。入居者負担額は前年度の世帯収入と家族の人数などの条件に応じて3段階から5段階で決定されるようになっています。入居者負担額は傾斜型とフラット型があります。傾斜型は年々負担額が上昇していくものです。入居者負担額は管理時を基準に年々2%から3.5%上昇するようになっています。入居者負担額が契約賃料に達した場合にはその時点で特優賃の補助は終了しますが、上限に達していなくても20年で補助は終了します。一方フラット型は補助終了まで入居者負担額は変動しないものです。15年から20年で補助が終了するようになっており、傾斜型よりも当初の負担額は高く設定されています。

特優賃はなぜはじまったのか

特優賃は平成5年に施工された「特定優良賃貸住宅の供給の促進に関する法律」に基づいてスタートした制度です。それまでは低所得者方向けに住宅を供給する制度はありましたが、中堅所得者へは十分な制度が用意されていない状況でした。そこで中堅所得者に向けて良質な住宅しようという目的ではじまりました。特優賃では法律に定められた基準をもとに民間の事業者が建設して国や自治体に認められた住宅もあります。特優賃に認定されている住宅は十分な広さや収納スペースが用意されているだけでなく、オートロック・システムキッチンなど設備も充実しています。賃貸住宅ではありますが、一般の賃貸住宅のようなものではなく分譲満床のようなイメージになっています。